新生姜はじまりました2020

暑すぎる夏がようやく終わり、秋めいた気候になってきました。千葉南房総では農家のおっちゃんおばちゃんが冬の食用ナバナ栽培でいそいそと動きだしています。

さて、そんな涼しい気候になってきたところで安房ノ風農園では新生姜の収穫が始まりました。今年は8月に雨がほとんど降らなかったのでどうなるか不安でしたが無事例年どおりに収穫ができ、ほっとしています。

品種は房州中太生姜

安房ノ風農園では主に新生姜で出荷される房州中太生姜を栽培しています。名前の通り房州で栽培されている品種で、古くから栽培されているそうですが、最近栽培する方は減ってきているそうです。

中太生姜は香りと辛みが強めで、大生姜に比べ節が細かく、少し小ぶりなのが特徴です。辛みがまだ強くない新生姜のうちに収穫され、甘酢漬け用など加工用で食品会社に出荷されることが多いです。

おうち時間で漬物やシロップ作りなど、農薬化学肥料不使用の房州中太生姜を是非お使いください!

今回より出品窓口を増やしました。お買い求めやすいところでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です